悩んでいる
ブログネタが見つからないよ

書ける人と書けない人の差はなんだろうと考える機会があって
真剣に向き合って見たら考えもしなかった事だった・・・

当時のわたしは全くブログネタがなくて困っていた。
理由はこんな感じだった。

    1. どれもこれもインターネットに誰かが書いているから今更書いても・・・
      みんながびっくりするような事も特に無い
      みんなが知っているより少し知っているレベルで詳しくないから
      書いた所で誰も見ないしと思う

他の人のブログを読み漁ってみた。You Tubeを見るとズバリな回答は特に無かった。
ところが・・・ある共通点があることに気がつきました。

ズバリ!多分だめだろうと思っていたネタはコレだった

自分の日記
例)今日近くの公園に散歩に行った、喉が乾いたのでお茶をかった。
のんびりとした一日だった。

これって本当に詰まらないですね。自己満足で終了ですからホントただの日記です。

使い古されたギャグを連発する文章
その人は面白いと思っても面白くないことの方がほとんど。
読む人がいたなら、自分の事のように恥ずかしくなる。
何が言いたいのか分からない記事
ブログ記事の構成がそもそもわかっていないために
だらだらと文字数を稼いだだけのもの。

タイトルに書いてある内容の答えがどこにも書いてない
せっかく読んだのにタイトルと違って答えがわからずじまい。

記事のネタは意外に転がっている?!

ネットでネタ探しを検索すると『自分の体験談』を伝えると出てくるんです。
読む人の事を考えて見る為、自分が他の人のブログを見る時ってどんな時だろうと
思いリストにしてみました。

  • 購入した商品があるが、買っても良いものなのか判断するために、レビューを見る。
  • 行った事の無いお店の料理は美味しいのか?
  • DIYで専門工具の使い方を学ぶため。
  • ペットが調子が悪いので同じような症状の人がいるのかどうか。
  • 試験に受かるための勉強方法を調べる

つまり『自分が経験したものをレビューしていたんだ』ということに気がつくのです。
それも検索すると結構出てきます。

ネタが見つかったんだけど初心者が間違える先入観がコレです

他のサイトより詳しく書こうとする

色々なサイトに書いてある以上を求めることから
文章が長くなり読みやすさが低下するんです。
閲覧者が必要としている情報であればよいのですが、
インターネットで勉強しようと言うより《ササッと調べて答えを見るける》ためです。
マニア好きのカテゴリーなら良いと思います。
初心者がいきなりマニア好きするディープな情報を時間を書けて作っても疲れるだけです。
長文を書いたとして、次のネタを簡易に出来ません。

誰かが書いたものはもう書けないと思ってしまう?

ネット検索すると自分のネタはすでに書かれています。
でも気にすることはありません。自分の経験から書いて行けばよいのです。

上記以外にも先入観から書けないことも多いでしょう。
しかし、実際には似たような記事はたくさんあります。
料理レシピだって、唐揚げのレシピなんてたくさんありますし、分量も違います。
自分なりの書きた方で書けば良いのです。

ハイ!これコタタイトルの○○○は専門家

ブログネタが出てこない時に勘違いしてたのは専門家でないと書けないなんて事は無い!

こう考えて見てください。

あなたが③だとすると①や②の人に書くネタは無理がありますが、
④の人にわかりやすく書けばよいのです。
①の専門家レベルの詳しいブログを見たい人より④の知らないので検索した人レベルの方が
数も多いのです。

まとめ

自分が思っているより、そんなに難しい専門知識はいらないのです。
あなたなりの体験した情報を、まだ知らない人にわかりやすく説明する感じで書けば
ネタも割と簡単に見つかるはずです。

この記事が良かったら↓クリックしてください!励みになります^^
        
人気ブログランキング

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事